華の会でエッチしたぽっちゃりさんがただのデブだった話

こんにちは。

デブ好きセックス好きの、出会い系フリークです。

私が結婚していた当時は、性欲は取りあえず奥さん相手に発散していました。

しかし離婚してバツ1になってからは性欲が発散できず、困ったことに(笑)

そこで目を付けたのが出会いサイトです。

優良出会いサイトにいくつか登録したものの、最初は不発続きでしたが…
いろんな出会い系サイト体験を読みまくって、必死に勉強しまくり。

出会い系サイトで、うまく出会うコツを学びました。

私のターゲットはもちろんデブ。

出会い系には私好みのエロいデブがたくさんいるので、やめられません。

出会いからセックスまで行くパターンを何度か体験すると、もうヤミツキに(笑)

華の会でぽっちゃり女子を探す!

出会い系で大事なことは、登録プロフの書き方ですね。

こちらからメールアクション起こして、相手の女性がチェックするのはやはり私のプロフ。

こちらが女性のプロフ読んで食指が動くかどうか、と同じことですからね。

それとプロフ写真も大事!

なるべく笑顔で、カメラ目線を外すのがベターですね。
モザイクを入れる時でも最低限にすべきです。

プロフを充実させてターゲットを絞るという、ちょっとしたコツを覚えてからは当たりも急増。

私のターゲットは、デブでエロい女性です。

どの出会い系サイトでも、登録女性は自分の体型を「ぽっちゃり」「ややぽちゃ」「普通」「痩せ」と自己申告します。

私がピックアップするのは、「ぽっちゃり」「ややぽちゃ」

デブな女性ってほとんどの場合、肉体的コンプレックスを感じてます。

メールで仲良くなって、いざ待ち合わせしようってなると、大抵こう聞いてくるんですよね。

「見た目けっこうぽっちゃりだけど、イイですか?」
でも実際会ってみると、思ったほどのデブじゃないことも。
もちろん、予想以上におデブさんってこともなくはないですが(笑)

そこはもうギャンブルですが、どうしても不安な時は写メ交換です。

会う約束ができたら「見つけられなかったら困るから」って口実で、写メ交換すればいいだけです。

また、ファーストメールにもちょっとしたコツがあります。

まず最初からエロいメールは絶対NG。

私も初心者の頃「ヤリモクバレバレ」なメール送って、ほとんどスル―されまして(笑)

まずは「セックスしたい!」ってスケベ心をひた隠しにしましょう。

「楽しい時間を過ごしたいですね」

「美味しいご飯食べましょう」

このような、お誘いメールから入るのがベターという結論に。

ポイントは「焦って最初から会うことを強制しないこと」ですね。
女性にしてみれば、こっちがどんな男かわからない怖さがありますから。

メールの最後に「まずメールから仲良くしてくださいね」って言葉で結ぶことです。

もちろん下心はアリアリでいいんですよ(笑)

華の会で見つけたぽっちゃりさん

今回は、出会い系の華の会を使ってデブ探し。
華の会で何人かと美味しい出会いがあったので、ここ最近は華の会がメインな状態です。

いつものようにプロフィール検索で地域や年齢体型など、いろいろ条件を入れてターゲットを決定。

プロフに露骨にエロいことが書いてある女は、割り切りや業者の可能性があるのでスルーします。

「初めまして。美味しいモノとお酒には目がないサラリーマンです。
いつか〇〇さんとご一緒できたら嬉しいですね!
良かったらメールから仲良くしてください」

こんな感じで、今回は3人の女性にご挨拶メール送信。

酒を飲みながら、ゆっくり返信を待ちます。

1時間を過ぎた頃、再び華の会にアクセスしてメールチェック。

すると2人からOKメール返信あり!
これは好結果。

そのうちの1人、「ミーコ」さんからのメールがこちら。

「メールありがとうございます。私も美味しいお肉とお酒が飲みたいな♪」

これは出会いとセックスまで早くいけそうな予感!

即返信して、もう1人は予備としてキープです。

華の会のぽっちゃりさんとわずか5日後に待ち合わせ!

嬉しいことに、予感は大当たり!

ミーコさんと数回メールをやり取りした後は、LINEへすんなり移動成功。

そしてLINEをすること3日ほどで、待ち合わせが決まります。

軽い下ネタにもノってくれるので、初めての待ち合わせで即セックスの予感(笑)

待ち合わせ場所は定番の駅内コンコースで、JR北千住駅の丸井の正面入り口付近。
約束の夜7時に到着したので、すぐにLINE送信します。

写メ交換してなかったけど、LINEが通じているので服装なども未確認。

少ししてLINEに即既読がつきます。

「こっちももう着いてるよ♪」

あたりを見渡すと、こっちを見ている女性が1人。
なかなかのデブ具合です。

私が軽く手を挙げると、彼女が近寄ってきます。

「どーもこんばんは~ミーコさん?」

声を掛けると笑顔で会釈してきますが…
笑顔はまぁまぁ可愛いけど、予想以上のデブ!

芸人のリンゴちゃんの体型と瓜二つのおデブってところです(苦笑)

芸人のリンゴちゃん

私のぽちゃ許容範囲をちょっとオーバーしてますね~

とは言え、このまま帰るなんて私も大人げないマネはしません(笑)

約束していたステーキを食べに、下調べしてあった「モンスターズテーブル」へ向かいます。

入店してメニュー見ながら注文しようとしていたおデブ。

「ワリカンですか?」

「イヤイヤ、オジサンがごちそうしてあげるから好きなモノ頼んでイイよ」

太っ腹な私(笑)

「わ~~!やった!♪」

嬉しそうなおデブさんを見ながら…

「飯くらいごちそうするから、ミーコちゃん食べさせてよ」

そんな言葉を呑み込んで、しばらくの間楽しいご飯タイム。

ぽちゃ娘と即セックスはやっぱりダメ?

お酒がほどよく回った頃、軽い下ネタからそれとなくエッチのお誘いをかけます。

ここからが本当の目的なんですが…

「初めて会った男の人とすぐにエッチするのって抵抗あるの」

おデブはヤンワリとお断り。

まぁたった5日目に会って即エッチはやっぱ厳しいか…

そう思ったのもつかの間。

「でも〇〇さんならイッカな~ご飯もお酒もごちそうしてくれたし(笑)」

この言葉に愚息も大喜びでございます(笑)

「そっかそっか~オジサン嬉しいな(笑)」

と言いつつ、手を握ったり軽く太ももタッチしてのスキンシップ。

おデブもキャアキャア嬌声を上げて反応も上々。

早々に店を出て、下調べしておいたラブホ「セリーヌ」へ。

華の会のぽちゃ娘と味気ないセックスに

しかし肝心のセックスは、残念ながら可もなく不可もなく。

私はキス好きな方ですが、そのキスもあまり受け入れられず。

舌を絡めてもほとんど無反応。

お風呂遊びも拒否られてベッドインしますが、フェラも普通。
クンニや指マンコの感度も普通。
膣の締まりもこれまた普通。

まぁそれなりにセックスは楽しめたのですが、いざ挿入って時にゴムを頑なに要求するんです。

「外に出すから」
「じゃ最後は着けるから最初だけでも」

ゴム嫌いな私は食い下がりますが、おデブは「ゴムを着けて!」の一点張り。

あまりに強い口調なんで理由を聞くと…

「私妊娠しやすい体質なんだって!だから昔ツラい想いしたし…」

そんな理由を聞くと、それ以上は何も言えません。

久しぶりにゴムを着けてのセックスは、やはり味気ない…

体位も、バックや騎乗位は嫌がるので、ほとんど正常位オンリー。

結局2回発射したものの、いつもの出会い初セックスの感激はなく…

脚を持ち上げて挿入しようとしたら

「ムリムリ!お腹が苦しいよ!」

だそうで(笑)

ラブホを後にして駅前で別れたけど、おデブとはメールもラインもブロック。

自然消滅でそれっきりになります。

でも他にも、出会い系で数人デブをストックしているので、別の子に期待ですね(笑)