出会ったぽっちゃり女子が意外に良かったセックス体験談

ぽちゃとのセックスは至れり尽くせり

最近出会いサイトにハマっている、バツイチ33才のコウスケと言います。

出会い系サイトでは割と口コミの良い、大手のPCMAXに登録。

これまで数人の女性とメールのやり取りはできましたが…

残念ながらセックスできる関係には繋げられず。

離婚してから2年経ちますが、その間リアルでも出会いがなく性的欲望は溜まる一方(笑)

ボンビーリーマンなので風俗通いもできず、出会いを求めてPCMAXに登録したのが半年くらい前です。

最近は週末になると、PCMAXで女性との出会い探し。

いつも家飲みしつつ掲示板をチェックします。

これまでは一人ひとりのプロフィール検索をしていたのですが…

時間もかかるので、最近は掲示板のカキコミ検索だけしています。

PCMAXで見つけたメッチャいい感じの女子

地域を指定して女の子の投稿を読んでいると、気になる子が数名。

中でも27才の「ユミさん」のメッセージは、文面が優しい感じで目に留まりました。

割り切り目的でもなさそうな雰囲気です。

PCMAXでぽちゃだけど良さそうな子をピックアップ

プロフを見たらぽちゃでFカップとのこと…

さっそくユミさんにメール送信。

「お初ですが良かったら仲良くしてください」

それ以外の良さそうな女性2人にも一応、メールを送っておきます。

だいたい3人にメールを送れば最低一人は返信はあります。

そして今回は嬉しいことに、一番気になったユミさんから即返事が返ってきました。
(他の2人にはどうやらスルーされた様子)

彼女はメールのレスポンスが良く、ほとんどが1時間以内に返信があります。

話のノリもけっこう良い感じで、仕事が忙しいと書くと、

「ムリしないようにね!人間健康が一番ですよ♪」

と優しい気遣いも見せてくれます。
2、3日ほどメールで話して私がラインに誘うと、

「直メならいいけどラインはもっと仲良くなってから」

と残念なお返事ですが…
気を取り直して、教えてくれたアドレスにさっそくメールを送ります。

数回メールのやり取りをした後、

「それじゃ一度会ってユミちゃんとジックリ話して、もっと仲良くなりたいな」

ダメ元で誘いをかけると、なんとラッキーなことにOKの返事。

勢いを殺さないように話を進めて場所や時間を決めていきます。

そして週末の土曜、19時にJR蕨駅西口で待ち合わせの約束が決定。

出会い系で初の待ち合わせに一気にテンションアップ!

即エッチできるかは何とも言えませんが…

メールでは軽い下ネタもできているので、ここは期待したいところ(笑)

待ちに待った約束当日。
少し緊張しながら蕨駅に向かいます。

何でも初めての体験ってのは緊張しますね。

約束の時間少し前にJR蕨駅前に降り立って、彼女からのメール連絡を待ちます。

蕨駅の西口ロータリーはちょっと小さめなので、見つけられないことはないと思いますが…

念のため到着したらメールをくれることになっています。

やって来たのは可愛いけどポチャタイプの子

19時ちょうどに携帯にメールが入ったので慌てて確認。

「階段を降りたところにいますよ」

急いで階段下に向かいます。

電車が到着したらしく階段をゾロゾロと人が下りてきますが、少し離れたところに数名の女性が立っています。

一番端にいたストライプ柄の赤いワンピスタイルの女性が、聞いていた服と同じです。

パッと見、彼女の体型はぽっちゃりタイプ。

「アジアン馬場園梓」に似ているものの…顔は愛嬌のある感じです。

ちなみに私はポチャ系はそれほど好みではなく。

どちらかと言えばスレンダータイプが好きなんですよ。


「あの…ユミちゃんかな?」

「こんばんは。ユミです」


彼女はこちらと違って緊張した様子もありません。

にこやかスマイルで頷いてからと挨拶。

ここで私の期待していた気持ちがちょっとトーンダウンしちゃいますが…

まぁ、せっかくの出会い系初待ち合わせ。
取りあえずは約束通り飲みに行くことにします。

そんなにお金の余裕も無い(いつものことですが)ので、安めの居酒屋「大庄水産」へ向かいます。

彼女は意外に飲める子で、生ビールで乾杯してからハイボールをガンガン飲み始めます。

酒も入り色々話しているうちに、彼女はメッチャ性格がいい女性であることに気がつきます。

見た目で感じた通り愛嬌もあり、私の大して面白くもないアドリブ話にコロコロ笑ってノッてくれて…

趣味のネットの話題や動画の話、漫画やアニメのことも気持ちよく受け入れてくれます。

そうなると私も嬉しくなり、次は下ネタをはさんだエロトーク。

途中、たかぶって思わず彼女に勢いで軽く握手しちゃうと…

それを嫌がるどころか嬉しそうに手を握り返してくるので、こちらのエッチ心もエスカレートします(笑)

意外なエロカワのぽっちゃりに思わず欲情!

話しながらチラチラと観察すると、ポチャだけどなかなかの巨乳。

ソソるエロボディの持ち主ってことにも気がつきます。

ポッテリとした唇も妙にエロく見えてきて…

思わず「フェラしてもらったら気持ち良さそう~」なんて思ったら、愚息もズキっと疼き始めます(笑)

1時間ちょっと楽しく飲んだ後、雰囲気のイイお店で飲み直そうと思い誘うと、嬉しそうにOKの返事。

さらに私が支払いを済ませると、「割り勘にしよ」と半ば強引にお金を握らせて来るのです。

「奢られて当たり前」の女の子が多いのに、この子はその点でも好印象。

見た目の好みよりも、性格の良さにすっかり恋人気分です。

そして次に向かったのはお洒落なイタリアンパブ「トロピカル」。

カウンター席に座ってカクテルでもう一度乾杯。

店の雰囲気も相まって恋バナに花を咲かせます。

途中、ワンピごしに彼女のムッチリ太ももの上に手を置くと…

その手をやんわり握り返してきたので、これは完全にイケル!と判断。

すると彼女は自分の手が少し汗ばんでいたことに気がついたのか、

「なんか汗かいちゃって…」

と照れながら言うので、思い切って勝負に出ます。

「それじゃホテルでいっしょにお風呂入る?」

と誘うと、彼女は照れ笑いしながら頷いてくれたので…

早々にパブを後にして、手を握ってホテルに移動です。

彼女のセックスは普通だけど…

パブを出て近くのラブホ「マナハウス」に入り、とりあえずお風呂でイチャつこうという話に。

恥ずかしがる彼女が先に浴室に入って、追って私が入ります。

体型はポチャですが、ここまできたらもう気にならない状態。

この後のセックスしか頭にありません。

シャワーを浴びながら抱きついたりキスしたり。

一緒に湯船に入ると彼女は何も言わないのにボクのチンポを握り、ゆっくりしごいてきます。

彼女のぽっちゃり具合はもう気にならなくなってきます

既に勃っていたものの、フェラをお願いすると照れ笑いしながらくわえてくれます。

それがまた、舌の動きがネットリとした感触でメッチャ気持ちいい。

濃厚フェラを堪能したあとは、お返しとばかりに湯船の淵に後ろ向きに手を付かせ。

背後からピンク色した意外にきれいなマンコをクンニ。

「はぅっ!き、気持ちイイよ~」

と白くて丸いエロ尻をクネらせます。

そして指マンに切り替えて蕾のようなアナルに舌を這わせると、

「アッアッ。そ、そんなとこ!ダメ~」

と逃げようとしますが、そうはさせじと両手でお尻を抑え込んで舌先で、さらにアナルを責め立てます。

彼女の感度はそれなりで、今度は激しく指マンで出し入れすると…

「あ~っ!ダメ~」

とポチャっとした体を軽く震わせます。

もう我慢できず、入れていいか聞くと彼女も頷いて了解。

そのままバックからキツメのマンコに生チンポをネジ込むと、彼女も腰を浮かせて感じています。

肉厚な彼女の体はバックでもかなりボリューミー

久しぶりにヌルヌルと絡みつく膣感が、なんとも気持ちいい。

ところがお恥ずかしいことに、久々のセックスに興奮したせいか、あっという間に射精感に達し。

ポチャのお尻に射精…イってしまいました。

クールダウンしたその後は風呂を上がってベッドでイチャイチャ。

また元気になった今度は、たっぷり時間をかけて2ラウンド目のセックス。

さすがに精も根も尽き果ててダウンです。

すると彼女はチンポを愛おしげに丹念にお掃除フェラ。

そのままボクの胸に満足げな顔を乗せて甘えてきます。

「すごく良かったよ。こんなエッチわたしも久しぶり♪」

その仕草がとても可愛いくて、思わずボクも胸キュン(笑)

ポチャっとした体を抱き寄せて撫で回します。

解散後は最終電車で帰宅したのですが…彼女と付き合うかはちょっと迷います。

ぽちゃな事以外はかなり良かったので迷いますね

ウ~ン…セフレなら文句ないけど彼女にすべきかどうか…

それを決めかねているうちに彼女からまた会おうとお誘いがあり。

ポチャ女子とまた会ってセックスしちゃいました

意志の弱い私は2度目の濃厚セックスデートで、またしてもポチャエロに溺れてしまいました(笑)

ぽっちゃり掲示板