ハッピーメールで出会ったぽっちゃり女子!まさかの処女だった話

掲載しているサービスの一部に広告を含みます

ハッピーメール(ハピメ)のぽっちゃり女子が処女だった件

こんにちは。
出会い系のぽっちゃり探しにハマっている、バツイチのコウスケです。

ぽっちゃりな女の子は、やっぱり会いやすいですね。

こちらが「ぽっちゃり好き」を強調すると、すぐに仲良くなれます。

「おデブでもイイと思う人仲良くしてね」
「おデブだけどイイですか?」

こんなメッセージが来たら、ほぼ勝ちパターン。
ぽっちゃりはなぜか、お股もユルい子が多いです。

私の経験だと、ほとんどのぽっちゃりがエッチを期待して会いに来ている気がします。

ハッピーメールでぽっちゃりを探す

ぽっちゃりさんとの出会いを求め、ハッピーメール(略称:ハピメ)にアクセス。

ハピメの女性は若年層が多いので、若いぽっちゃり女子にも会いやすいです。

今回はプロフィール検索ではなく、「大人の掲示板」のカキコミをチェック。

もちろん私が選ぶのは、ややぽっちゃりとぽっちゃり(笑)

スタイルはあくまで自己評価なので、範囲は広めに指定した方がいいです。

ハッピーメールでぽっちゃり指定

検索結果で目についたのが、24才のぽっちゃり「ネネちゃん」。

「独り暮らしのぽちゃこです。どなたか優しい人かまってくれませんか?
独り寝が寂しいので、ソフレさんになってください」

ハッピーメールのぽっちゃり

ソフレ?
もしかしてセフレと間違えてカキコミ?

おそらく誤字だろうと思ったものの、念のためググってみると…

ソフレとは「添い寝フレンド」のことで、文字通りただ添い寝をする関係にある男女のことを指すらしい。

最近聞くようになった「ソフレ」とは! 本当にただ一緒にベッドで寝るだけ? – マイナビニュース

はぁ~?添い寝するフレンド?

理想のエロいおデブちゃんの横に寝て、手を出さないなんて私なら絶対あり得ない(笑)

女だって、添い寝では済まないんじゃないの?

ハッピーメールに登録するぽっちゃりなんだから、セフレでもOKでしょ!

そう勝手に判断して、ファーストメールを送信。

「こんばんは!〇〇住みのぽっちゃり大好き男です。
添い寝するのも好きなんで、ぜひネネさんのソフレにさせてください」

心にもなく、ソフレに立候補しました(笑)

メールしたあと、次のぽっちゃりさんを探していましたが…
わずか5分後に、ソフレぽっちゃりから返信あり。

「ありがとうございます!良かったらソフレさんお願いします」

今回は一発目で、早くもぽっちゃりおデブさんと出会えそうです(笑)

ぽっちゃりおデブとの出会い→即セックスの予感!

それから数回メールで、お互いの自己紹介。

彼女は田舎から就職で上京したばかりで、独り暮らしのOLだそう。
友達はいないし、毎日寂しいらしい。

こりゃ即ハメできそうだとテンションも上がり、さっそくアポ取りです。

「それじゃ優しいオジサンが添い寝してあげるけど、いつがイイかな?」

最初は逃げられるかと思いきや、なんと…

「わぁ!ホントですか?嬉しいです!
それじゃ今週末の夜、お願いできますか?」

嬉しい反応に、ますますテンションが上がります(笑)

でも次のメールには、いきなり彼女の住所が書かれていました。

これには出会い系ベテランの私でも、初めてのことでビックリ!

「ちょっと不用心すぎるから、さすがに会ったら注意してあげないと!」

そう思いつつ調子に乗った私は、写メも要求。
すんなりと、履歴写真のような顔写メが届きました。

ひと目見た印象はやしろ優似で、ブスではないけどちょっと暗そう。

でもぽっちゃり体型はモロ好みです(笑)

「添い寝の前にどこかでご飯食べようか。
ネネちゃん何が食べたい?」

「外食はあまり好きじゃないんです。
何か美味しいモノ買って、アパートで食べませんか?」

これまた少しビックリの返信!
ぽっちゃりな彼女は、今どきのコにしては珍しいタイプかも(笑)

アパートで食事ってことは、セックスもそのまま部屋で?

何度もぽっちゃりさんとはセックスしていますが、ラブホ以外は初体験!

声モレが不安ですが、土曜の夕方17時に会うことが決定。
待ち合わせは、JR北千住駅のマルイ正面入り口前です。

ぽっちゃり出会いで処女マンゲット!

早めに到着した私は、地下の食料品売り場で酒やツマミを調達。

約束の時間になると、おデブ体型の彼女がやって来ました。

「こんばんは~ハピメのコウスケです」

初対面の挨拶をしても、彼女はちょっと緊張した様子。
服装はどこかドンクサい感じだけど、笑顔はなかなかカワイイです。

彼女に案内され、約10分ほどで着いたのは今風のコジャレたアパート。

2階の部屋に案内されて、今度はこっちがちょっと緊張気味に室内に入ります。

まさか怖いお兄さんが出てきたりとか、しないよな(笑)

一人暮らしのぽっちゃり

室内はワンルームで、女のコらしい感じの飾りつけ。

窓際のシングルベッドを見た私は、肉弾戦を想像して少しニヤつきます(笑)

ところがこの想像は、意外な結末に!

小さめのテーブルに、買い込んだ食料を並べて缶ビールで乾杯。

何とか盛り上げて、エッチな話に持って行きたいところですが…

清純なぽっちゃりさんの雰囲気に、押し倒す計画が遅々として進まず。

ハイボール缶3本目を開けた頃、仕方なく少しずつエロ話を吹っかけます。

「ネネちゃん田舎にいた頃ソフレっていたの?」
「ウウン、いなかった…」
「え?いなかったんだ?
それじゃセフレもいなかったんだよね?」

「セフレなんて…だってあたし経験ないから」
「は?経験ないって…まさかセックスが?」

そう聞くとコックリと頷くぽっちゃり彼女。

「オイオイ!マジ?ネネちゃん処女なん?」

少し唖然として、私は酔った頭でいろいろ考えます。

「処女ってことは、処女を捨てるためにオレと会ったってこと?」
「それとも本当にタダの添い寝希望ってこと?」

正直言うと、私はあまり初物食いは好きでなく。

処女ってことに、少し性欲がトーンダウンしてしまいました。

ぽっちゃり彼女の懸命なフェラに感激

結局それからも、エロ話に繋がる盛り上がりはなく。
世間話だけで夜が更けていきました。

「じゃそろそろ寝よっか?」となって、二人でベッドイン。

デブ添い寝は狭い

緊張気味にパジャマに着がえ、ベッドに入るぽっちゃり処女ちゃん。
その横に私は、パンツスタイルで潜り込みます。

おデブだけに、シングルベッドだと狭いのが難点です(笑)

「ね、セックスする?
それともマジ添い寝だけがイイの?」

私もだいぶ酔っていたので、半ばヤケであからさまに聞いちゃいます。

処女とはいえ豊満な肉体に密着している状態。
すでにムスコはピンコ勃ちです(笑)

「だって経験ないし…ちょっと怖いから」

そうは言うものの、何とかセックスに持ち込めないか。
巨乳の乳首を揉んだり、パジャマの上からマンコタッチしますが…

「今夜はちょっとムリだよ」
「でもさ、ネネちゃん魅力があるからオレもこうなってるんだよ」

拒否られても強引に彼女の手を取って、ムスコを握らせます。

「せめて手でイイから発射させてもらわないと、添い寝もできないよ~」

泣きを入れると聞き入れてくれて、彼女は手で一生懸命ムスコをシコシコ。

でも酔っているせいか、なかなかイキそうもなく。

「フェラなんてダメだよね?」
「それは何回か経験あるの」

ダメ元で聞いてみると、ラッキーなことにムスコを咥えてくれました。

あまり上手くないフェラでしたが、彼女の懸命なおしゃぶりにちょっと感動(笑)

長い時間チュルチュルとムスコを吸われ続け、やっと彼女の口の中に気持ち良く放出しました。

おかげで少し落ち着き、そのまま添い寝を続行。
と言っても、先に寝てしまったのは私の方ですが(笑)

セフレに出来そうなハピメのぽっちゃりさん

一泊した翌日、帰り際に彼女と軽いキスを交わして帰宅。

即日セックスが不発だったのは残念ですが…
抱きしめた感覚は悪くないし、何より若いぽっちゃりさん。

処女だけど性格も良くて、男に尽くすタイプです。

しばらくはソフレからセフレ狙いで、付き合ってみようと思っています(笑)

やり取りを繰り返していけば、いいセフレの関係になりそうですね。

ぽっちゃりと出会えたハッピーメール