出会い系で会えたぽちゃ出会いとセックスできたが…?体験談

出会い系で会えたぽちゃ出会いとセックスできたが…?体験談

バツイチのコウスケ(33)です。

前回出会ったぽちゃ系女子の「ユミさん」とは、会えばセックスの関係を続けています。

そしてさらに、PCMAXで別の出会い探しも継続中。

そこで気づいたのですが、出会いサイトに登録しているエッチな女性。

どうやら彼女達の半数は「ややポチャ~激ポチャ」に括られるようで…

プロフを検索しても「痩せた女子」は少ないんです。

世の男性はあまりポチャを相手にしないのか、出会いサイトにいるポチャ系女子となら意外に簡単に出会えちゃうって気がします。


もちろん、出会ってからその日にセックスに持ち込める可能性も大です!(笑)

と言うことで、前回ポチャに出会ってオイシイ思いをしたことに味を占めた私は…

またまたPCMAXで自称「ぽちゃ」に的を絞って掲示板を検索します。

ちなみにPCMAXでの体型の括りは、「スリム」「普通」「グラマー」「ぽっちゃり」「激ぽちゃ」ですね。

ポチャの具合は自己判定なのが微妙なところ

この日最初に見つけたのが、自称「ややぽちゃ」の20代フリーター女子。

ファーストメールを送るとすぐに返信があり、少しのやり取りで待ち合わせまでできました。

しかし、ポチャ女はやっぱカンタンに会えるもんだ!(笑)

…と調子に乗ったのが運の尽き。


JR川口駅前でその子を待っていると、やって来たのはポチャの許容範囲を大幅に超えた、ボストロール系デブ女子!

体型も顔も、メイプル超合金の「安藤なつ」にソックリのおデブ…

安藤なつ系のボストロール系デブ女子だった

おいおい!どこが「ややぽちゃ」だっての!どう見ても激ポチャだろ!

…とその場で逃げ出したくなったのですが。


心優しい私(?)はせめてご飯だけでもと思い、安いファミレスで食事をすることに。

食事中も彼女とのセックスを想像してみたのですが、どう考えてもセガレが拒否(笑)

食事後に店を出ると、そのおデブとはソッコーで解散したのは言うまでもありません。

自称Dカップぽちゃグラマー「夢子」さん

やはり自称「ぽちゃ」にも色々いるようで。

痛い目に合いながらも、再び私はPCMAXで次の子探し。

今度は「グラマー」を自称する女性狙いです。

PCMAXでグラマー検索するとほどなく発見

そして見つけたのが20代後半のOL、自称Dカップのグラマー女子の「夢子」さん。

即メールをしたのですが、なかなか既読が付かず。

返事を待つこと丸二日、諦めかけていた時にグラマー女子さんから返信があります。

「こんばんは~返事が遅くなってごめんなさい。
ぽちゃグラマーですが良かったら仲良くしてくださいね」


メールの感じが礼儀正しそうなので、それから数回サイト内でメールのやり取りをします。

正直、安藤なつのことがあったので…

待ち合わせは慎重にと考え、メールの途中で顔写メを希望したものの。

「会えたら時のお楽しみにしてね♪」

とツレナイお返事ですが、

「グラマーだけどブスじゃないと思うから安心してねww」

と期待を持たせることも書いてあります。

そこで写メ確認は諦め、「それじゃ今週にでも会おうか」とお誘いをかけます。

すると、意外にも即OK。
ぽちゃグラマーさんとJR大宮駅西口のそごう正面入り口に、19時待ち合わせが決定!

待ち合わせに来たのはいい意味で予想を裏切るポチャ

約束当日、私も過度な期待せずJR大宮駅の西口に向かいます。

もしまたメイプル超合金が来たら、今度はその場でバイバイするつもり(笑)

19時少し前に、事前に聞いていた服装の子がやってきます。

そのお顔をひと目見て思わずビックリ!

日テレの人気アナウンサーの「水卜麻美」を、もう少しだけぽちゃにした感じ。

かなりカワイ目のグラマー女子ではないですか。

好みのややぽちゃ系女子は水卜麻美のような感じ

ラッキー!これは当たり女だぁ!


私のテンションも一気に上がります(笑)
少なくてもメイプル超合金とは雲泥の差。

水卜ちゃんよりずっと大きいオッパイやそれなりにくびれたウエストは、文字通りグラマー美女と言っても過言ではないですよね。

「こ、こんばんは~コ、コウスケです」

やや上ずった声であいさつすると、グラマーちゃん。

「あ、初めまして~今日はよろしくお願いします」

と、これまた水卜ちゃんスマイル。

グラマーぽちゃ女子、ノリはイマイチだけど何とかホテルへ

あらかじめ下調べしておいたお店数件を思い浮かべ、待ち合わせたその足で居酒屋「三代目網元」へ向かいます。

ここで出会いの乾杯をした後、楽しいお喋りタイムを過ごしますが…

グラマー女子のノリはイマイチ悪い。

恋バナから軽く下ネタを振りますが、笑ってゴマかされたりスルーされたり。

「ウーン…今夜はセックスまではムリかも…」

「前のがたまたまラッキーだったのか?」

と思ったものの、未練がましい私はもう一押し。

前々回、オイシイ思いをしたポチャの「ユミちゃん」と同じパターンで、今回もコジャレたパブ「カリノバールフレスコ」に連れ込みます。

照明がやや落とされた薄暗いカウンターに座って、ここで再びカクテルで乾杯。

「ステキなお店ですね~」

やっとここで水卜ちゃんもイイ感じになりムードアップ。
しばらく楽しくお喋りしたあとで私は意を決し、

「夢子ちゃんってマジかわいくてたまらないよ」

とホンネの言葉をぶつけて、思い切って彼女の手を軽く握ってみます。

握り返してはこないものの拒否する様子もありません。

そこに望みをかけてさらに、

「夢子ちゃんけっこう酔ったんじゃない?どこかで酔い醒まそうか」

と暗にホテル行きを誘ったのですが、グラマー女子は返事も無く赤らんだ顔をさらに上気させるだけ。

おいおい、スルーなのかどっちなんだよ~

私は少し苛立ちながらも取りあえず会計を済ませて、彼女を連れ大宮駅東口そばにあるホテル「グッドワン」へ向かいます。

途中、グラマー女子は拒否するかな?と思ったのですが…

終始無言のまま一緒に部屋に入ります。

とりあえずOKなんだろうと一安心した私。

すばやく服を脱いで彼女をお風呂に誘いますが、これまたなぜか拒否られます。

結局、別々にシャワーを浴びて、彼女が風呂の間は部屋で待機。

この時点ではまだ私の性欲は旺盛でセックスヤル気はマンマンでございます(笑)


風呂から上がったグラマーちゃんはややポチャながら、文字通りボンキュッボンのエロバディ。

ほどよいポチャ具合で期待が高まります

それを見てセガレはギンギン状態になったので、思わずベッドに押し倒します。

ところが、ここから予想外の展開。

ポチャグラマーさんのセックスにドッチラケ!

彼女はマグロとまでは行かないまでも、感度が悪くあまり感じる気配がありません。

キスをしても舌を絡ませることもなく、エッチ感ゼロ。

Dカップオッパイの乳首を舌で転がすと、やっと「ああ~んっ」と甘い声が漏れます。

よっしゃこれからじゃ!と気合を入れ直して、クリを指で愛撫してからクンニ責め。

でもやはりグラマー女子はそれほど感じてくれません。

フェラを要求しても、なんと最初は嫌がられて完全拒否。

不感症なのか?という疑惑を感じ始めます。

それでも無理矢理クチにチンポを突き付けるとやっとひと舐め、ふた舐め(苦笑)

しゃぶられても舌を動かすでもなく吸うでもないので、ちっとも気持ち良くない!

少し腹が立ったけど、このまま終わらせるわけにも行かないので、仕方なくそこから一気に挿入…

と思ったらいきなり、「生はダメよ!ゴム着けて」と、そこは過敏に要求。

少しシラケながらも渋々ゴムを着けて正常位で挿入。


膣の締まりはそれなりだったのですが、やはり彼女の反応が弱い…

期待とは裏腹にセックスは拍子抜けの結果に…

「どう?少しは気持ち良くなってきた?」

と問いかけても、固く目をつむったまま無反応。

それならばとグラマー女子を抱きかかえ騎乗位に持ち込みますが、彼女は腰を振ることもなく。

興ざめした私は、起き上がってバックから強引に挿入。

そしてそのままシラケた気分でゴムの中に発射してジ・エンド。

まるでラブホでオナニーでもしている気分です。


2回戦に持ち込む気も薄れ、そのまま服を着てホテルを後に…

大宮駅前で別れましたが、もう彼女とは二度と会う気がしないです。

初体験という訳でもないし、恥ずかしいという事なんでしょうかね。

今回は残念セックスだったものの、とりあえずポチャは狙いやすい事は実証できたので、また次回に期待です。

ぽっちゃり掲示板