激カワぽっちゃりと出会えたがセックスはイマイチだった体験談

激カワぽちゃとセックス

ぽちゃ好きのコウスケです。
30過ぎてバツイチになってから、出会いサイトを色々回ってエロぽちゃ女と出会いまくっています。

やっぱりぽっちゃりの子は会いやすいですね。

でもここのところPCMAXでのアタリがイマイチだったので…

ネットの口コミを見て、人気らしい「ミントC!Jメール」に登録。

Jメールは若いコから人妻熟女まで、年齢層も幅広いとのこと。
登録すると1000Pのプレゼント付き。

取りあえずサクサクっと自分のプロフを書いてからサイト内を見て回ります。

まぁ出会いサイトのシステム自体は、ほとんどがどこも一緒ですけどね。

私が相手女性を探す場合は、プロフ検索か掲示板のカキコミを読むか…です。

プロフ検索は地域や年代、体型などの好みで絞って行きます。

今回はプロフ検索をメインにぽちゃ女を探します。
ヒットした数名のぽちゃの中から、プロフコメントが気になったのが数名いますね~。

「ダイエット失敗続きでぽっちゃりな私…でも優しい人に出会いたいな♪」

こんな感じのぽちゃタイプ3人にコンタクトメールを送ると2人から返信あり。

それからしばらくはこの2人とメールをすること約2週間…

ぽちゃの彼女との出会いを求めて

2人ともそれなりにノリのいい会話が続きます。
中でもメールのレスポンスがいいのは25才の「ルルちゃん」。

Jメールのポチャ

Jメールは初のチャレンジなのでここは欲を出さず、ぽちゃルルちゃんに的を絞って出会いを画策。
メールのやり取りで詰めていきます。


「ぽちゃ好きって言ってるけど、どれくらいまでのぽちゃならOKなん?」

「激デブじゃければゼンゼンOKだよ」

「体重ならどれくらいまで?」

「脚が太くても問題ないん?」


ぽちゃの許容量について、質問が矢継ぎ早に(笑)

もう会うことを想定している感じですね。


「そんなこと気にしないよ。ウソだと思うなら一度会って話してみない?」

「もう少しメールで仲良くなってからね」


これまたよくあるお断りメール。
ぽちゃ女子は割とカンタンに出会えることが多いですが、やはりメールを始めて数日で会うのはさすがに難しいですね。

警戒心がない女なんてまずいないですから、そこはじっくり腹を割ってメールすることです。

とは言っても「ヤリモクだよ」なんて言っちゃアウト(笑)

でもぽちゃ女子は一度会えたら即エッチも十分あり、そのままセフレになる可能性も大ですね。

と言うことで、さらにメールすること約1週間。

無料ポイントも切れかけてきたので、ぽちゃルルちゃんにその旨を正直に伝えます。

「ココでお金使うならそれでルルちゃんにご飯でもごちそうしたいよ」

コレ意外に効きますよ。

出会いサイトでのメールなど原則女性は無料。

そのせいか、中には男も無料と思っているノーテンキ女が意外にいるものです。

「メールでお金を使うくらいならキミに何かごちそうした方がよほど有意義だ」

と伝えると出会いを真剣に考えている女でしたら、ほとんどが直メやラインの提案に乗ってくれます。

それになかなか乗らないで「もっとココ(出会いサイト)でメールしよ!」なんて言ってくるのは課金目的のサクラの可能性大。

とは言ってもJメールもそうですが、今では大手出会いサイトでは業者女が潜むことはあっても、サクラなんてまずいませんね。

しばらくサイトメールでやり取りしてから直メやラインをお願いすると、「じゃ今度ご飯奢ってね♪」と返してくる女はけっこういます。

それがまたリアル出会いの下地を作ってくれて、「そろそろ約束のご飯食べに行こうか」って話になるんですよ(笑)

ぽちゃルルちゃんともすぐにラインメール開始。

ラインでいろいろ話をしているうちに少しづつエッチな会話に…


「ルルちゃん今まで何人と付き合ったの?」

「まだ1人だけなんよ」

「マジかい!ってことはアッチの経験も1人?」

「ご想像にお任せしまーすww」


こんなメールをしているうちに頃合とみてご飯に誘います。

即OKとは行かなかったものの、ネバリ勝ちで平日の夜のディナーOK!

ぽちゃルルちゃんといざ初デート!

ぽちゃルルちゃんは電車通勤しているので、待ち合わせは19時にJR南越谷駅。

東武スカイツリーラインとの乗り換え通路付近で、着いたらラインで知らせ合う約束です。

私もソソクサと仕事を終えると、早めに待ち合わせ場所に向かいます。

19時前に着いたので取りあえずラインで到着メールを送信。

すると既読が付くと同時にぽちゃルルちゃんからも到着メールが入ります。

(え?どこどこ?)
慌てて周囲を見渡しますが人が多くて見つけられません…


「どんな服着てるの?」

「ブルーのドット柄のワンピだよ」


再び見渡すと…それらしきぽちゃ子を発見。

急ぎ足で近づいて行きその顔をマジマジと見てビックリ仰天!

ナントあの篠崎愛ちゃんに激似のカワイイお顔です。

篠崎愛似ぽちゃ

体型はもう少しぽちゃにした感じですが、今まで出会ったぽちゃこの中ではダントツにカワイイ!

ここで私のテンションは一気にアップ(笑)

ただ服装がぽちゃアルアルでウエストがストンと落ちたワンピ姿は、妊婦と見間違えそう…

ぽちゃさんはボディラインが出る服を嫌う傾向があるんですね。


「こんばんは~ルルちゃんでしょ?コウスケです」

「あ、こんばんは。ルルです、よろしくです♪」


硬い表情ながら笑顔で答えます。

「じゃイタリアンのお店予約してるから行こうか」

私は年甲斐もなくドキドキしながらぽちゃルルちゃんをエスコート。

連れだって入った店は、イタリアン酒場の「ココチーノバル」。

店内はなかなかコジャレていて雰囲気も良く、初デートにはムード抜群の店です。

ここでワインで乾杯して食事を楽しみながらの会話。
酔いが回るとぽちゃルルちゃんも徐々に饒舌に。


「そんなにカワイイのに付き合った男が1人ってマジなの?」

「マジマジ、あたしこう見えてオクテだよ~笑」


ぽちゃさんの言うことはどうやらホントらしい。

「それにね…元カレってちょっとDV入っていて、何度かブタれたこともあるんよ」

などとちょっとカワイソウな話を聞かされます。

でもそこから恋バナになると、ぽちゃさんの目が濡れてた感じで妖しいムード。

ここぞとばかりに私は手をそっと絡ませると、嬉しいことに握り返してきます。

(よっしゃーっ!ルルちゃん落ちたね!)

そう確信してホテル行きを促すと、ちょっと恥じらいながらも頷くぽちゃさん。

ちょっとガッカリ?ぽちゃさんとのセックス

気が変わらぬうちにと会計を済ませ下調べしてあったラブホ「R&K」へ。

部屋に入る時にはすでに私のムスコはMAX状態(笑)

背後から抱きしめまずは軽く一発と思ったのですが、先にシャワーを浴びたいとぽちゃさん。

それじゃ一緒にお風呂に入ろうと言うとなんと拒否られます。

「だって恥ずかしいモン」

まぁ男性経験が少ないようなのでここは大人しく引き下がります。

しかしこれが残念なセックスの始まりとなったのです…

と言うのもぽちゃさん性感帯が未開拓のようで感度がよろしくない。

指マンしてもクンニしても、それほど感じる様子がなく。
(ありゃ?もしかして不感症タイプ?)

ムスコを握らせてフェラをさせようとすると、拒否こそしないもののイヤイヤ咥える感じ。

当然テクもなく気持ちよくもなく、救いは生挿入に抵抗がないこと。

あまり濡れていないので風呂場にあったローションをムスコに塗りたくり、正常位でインサート。

「あっ…ダメ…痛いから…ゆっくり入れて」

確かに膣内はかなりキツキツって感じで締め付け感がハンパない!

ポチャとラブホ

ゆっくり腰を振りピストンを開始すると、亀ちゃんが押し返されるほど!

ところが挿入後のぽちゃさん硬く目を閉じてFカップオッパイを両手で覆う始末。

これはまさに半マグロ状態でございます。

時折切なげに「あっ…んん」と吐息を漏らすので、全く感じていないわけでもなさそう。

頃合を見計らってぽちゃさんを抱き起し後ろ向きにさせてバック挿入。

じつは私の趣味嗜好と言うか性癖と言うか…

バック挿入して背後から両手をぽちゃさんのポッテリお腹に回し、プヨプヨの肉の感触を楽しむのが好きでして…

ぽちゃさんだからこそできる趣味嗜好ですね(笑)

ポチャとセックス

中出しOKなぽちゃの今後に期待

そうこうしているうちに、締め付けのいいマンコでアッという間に絶頂を迎えます。

安全日と言うぽちゃさんの膣の中に久しぶりの中出し。

気持ち良くフィニッシュ!

ぽちゃさんは、と見ると枕に頬を押し当て荒い息遣いで顔を紅潮させています。


「ルルちゃん、あまり感じなかった?」

「ウウン…でも…まだエッチの良さがよくわからなくて…」


男性経験が一人じゃそれもしかたないか…
それもDV男相手じゃ感じるものも感じないのかな…

セックスそのものはちょっと残念だったけど、何せ外見はメッチャカワイイ。

性感帯もテクも未開拓ってことで、ここは少し目をつぶり。

しばらくの間私好みに育てて行くことにします。

ベッドに横になっているぽちゃルルちゃんの豊満パイを揉みながら、そう決めた次第です(笑)

ぽっちゃり掲示板